ATM振込は有料

こちらでも書いたが、今後ほとんどの銀行(おそらくは経営に余裕がないなど理由で)でATM振込は有料となると読んでいた。当社設立直後から昨年まで利用していた、トマト銀行が2020年5月からついにATMによるトマト銀行同士の振込が金額に関わらず有料(110円)となる。中国銀行は以前から有料である。

中国銀行はインターネットを利用しても同じ支店でないと振込が完全無料にならない。トマト銀行も同様だ。インターネットを利用すれば同じ銀行なら振込は無料というのが主流である。これは岡山以外の銀行、ネット銀行に口座がない人は知らないかもしれない。当ブログでは、2014年から銀行の手数料を減らす方法を紹介してきた。自分で調べないとこれからも手数料を取られていく。自分のお金は自分で守るべきだ。なぜ、地元の銀行にこだわるのか、今一度考えるべきである。