顔の見える取引

部屋を借りて住んでいる人は多い。さて、自分のお金を誰に払っているかきちんと把握している人はどれくらいいるのだろうか。自分が何をしているかわからないまま、顔の見えない相手に数十万も払うというのは異常ではないのか。気にしないということなのだろうか。当社は直接取引契約が基本なので、賃貸契約書を交わすとき及び入居時と退去時には入居者に接することにしている。物件を多数所有していたら全ての入居者を把握するのは非現実であるし、それぞれに会うというのも難しいだろう。しかし、入居者が支払っているお金はどのような流れになっているかくらいは明示してほしいものだ。実を言うと、私も以前部屋を借りていた当時は誰に払っているまで知ろうとはしなかった。自分のお金がどうなっているのかも興味がなかった。仲介会社・管理会社を介して契約を結び、最終的に仲介手数料を払うというシステムになんの違和感も無かった。それはどこかおかしいのではと感じて今がある。