自分に投資

投資というと「お金」を運用することばかりに注目してしまう。だが、一番最高の投資は自分に投資すること。それも10年から20年の長期投資。例えば、ITやPCスキル。自分の場合、1990年頃からパソコンを使っていた。そして、インターネットが一般向けに公開されたすぐ後、1997年からインターネットを使い始めた。これは誰かに命令されたのではなく自発的に始めた。2001年以降仕事でパソコンを使うようになって驚いたのは、多くの人は「仕事」でパソコンを使うようになった事実。仕事という強制的なきっかけだと仕事ができればよいというレベルでしか使えるようにならない。これが遊び、趣味であったりすると全く異なる。約20年という期間は貴重である。特に10代から20代、この間に次の時代に対応できるスキルを身につけておかないと後で大きな苦労をする。年齢が上がるほど新しい物への興味は薄れていくからである。

ネット銀行についてよく記事にしている理由

2000年代初めからネット銀行(当時はイーバンク、現在の楽天銀行)を使っていた。その後、住信SBIネット銀行(2007年開始)を利用するようになったが、「通帳なし」が約20年当たり前だったので法人を設立して「通帳記帳」というのが無駄な時間に思えた。現在は、当社メイン口座ゆうちょ銀行をネット銀行のように通帳なしにしているので不便を感じない。