人口と世帯数

日本の総人口は減少中である。一方で、世帯数はそんなに減ってはいない。なぜか。世帯数というのは単身世帯も含む。つまり、単身世帯が増えている分だけ世帯数は増えている。では、世帯数が減らないメリットとはなんだろうか。世帯数を増やせば大儲けができるからだ。例えば、スマホ、インターネット、家具家電のように1人つき1個買うことになる。以前のような大家族なら1世帯に1つで済んだものが今は1人に1つである。単身世帯を増やしてシェアさせない作戦が大成功!!!