クレジットカード決済不可にする理由

原因はいくつか考えられる。

1,手数料
実は知らないだけでかなり下がってきている。現在のところ最低3.24%である。クレジットカード決済を可能にすると売上が上がる。これはデータとして存在する。どうしても嫌なら現金のみ支払可能にすべきだ。ただ時代に取り残されるのを覚悟してほしい。

2,ポイント
今はほとんどの人が「ポイント」を使っているはずだ。クレジットカードや電子マネーで払うとポイントがつくためクレジットカードや電子マネー支払を希望している人は結構多い。では、お客の立場で自分が支払うとき常に現金で払っているのだろうか。自分の店ではクレジットカード不可なのに他店で自分がお客ならクレジットカードを使う。これは大いに矛盾している。

3,旅行経験がない
初めて渡航した国ですぐにその国の通貨の扱いがわかるのだろうか。自分は毎回困っている。
だから、現地の電子マネーかクレジットカードで支払うようにしている。もちろん現金しか
使えない場合は現金で支払う。ただ、日本に帰国するときいつも財布が小銭だらけになる。
空港で無理やり小銭の端数を合わせて使いきっているが非常に面倒だ。

4,短期滞在でわざわざ現金?
日本に来る人がすべて長期滞在とは限らない。たまたま寄っただけというケースもあるだろう。そのとき空港(支払いに現金不要)以外でわざわざ現金をおろすだろうか。もう2度と来る機会がない乗り継ぎだけの場合を考えてみよう。