岡山でATMの行列とATM手数料を無料にする方法

岡山で仕事(会社員)をするなら開設必須の中国銀行口座。ビジネスで振込はたいていこの中国銀行を指定してくるのだが、驚くほど使い勝手が悪い。岡山県内にATMはたくさんあるのだが、平日の昼間しか手数料無料にならない。会社員で平日のんびりできる人はいるのだろうか。だから、中国銀行ATMは平日でも常に並んでいる。そんな忙しい人のためにある方法を紹介しよう。
まずは、住信SBIネット銀行に口座開設をする。次に定額自動入金サービスを申し込む。これで、あなたの中国銀行口座に入った給料は毎月自動的に住信SBIネット銀行の口座に振り込まれる。詳しくは住信SBIネット銀行のホームページを見てほしい。他行への振込手数料は最安値。
住信SBIネット銀行で口座開設をするとデビットカード付きのキャッシュカードがもらえる。ATMに並ばずカード(借金ではない!)で支払えば非常に便利である。クレジットカード付きのキャッシュカードはおすすめしない。このデビットカードはVISAなのでカードが使える場所ならほぼ問題なく使える。ゆうちょ銀行や中国銀行のデビットカードはジェイデビットなのでVISAよりも不便である。
岡山で会社員なら中国銀行、なのに平日夜と土日は手数料がかかる。これでは会社員になっていつATMに行けばいいのかわからない。なぜ、岡山の会社員は中国銀行に文句を言わないのか不思議である。手数料で儲ける田舎銀行。中国銀行にしか口座がなければ他県や海外に転勤や引っ越しになればものすごい不便。だから、今の時代は店舗がある銀行(大手、地方、信用金庫など)に1つ、ネット銀行にも1つ口座を作るべきである。生活スタイルにもよるが実はネット銀行だけでもそんなに問題はない。事実、私個人は岡山移住までネット銀行しか使っていなかった。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする