ルームシェア

2LDK、3LDKや4LDKなど複数部屋がある物件は一般的には家族向けだが、これを若い人3人、4人で借りるとルームシェアになる。家具家電、光熱費もシェアで過ごすメリットはかなりある。他人と同居することで将来結婚しても違和感無く結婚生活が送れる点もある。

ルームシェアは日本ではさほど流行っていないが、単身向け物件に1人で住むよりずっと経済的である。家族の場合フルタイムで働けるのは1人から2人(男女同額の年収は難しい)だが、ルームシェアなら3人働ける。仮に1人300万だとすると3人の世帯年収は900万になる。これなら1人暮らしよりずっと良い暮らしができるはずだ。

ここで問題がある。それは日本ではルームシェアの認知度が低いため3LDKのような物件を借りるときにルームシェアを認めないケースが多いからだ。不動産会社も大家もルームシェアなんて経験がないため前例がないとして許可しない。

当社物件では複数部屋がある場合のみルームシェアを認めている。ただし、代表者が契約すること、同居人の連絡先必須、変更の場合随時連絡するなどの条件がある。