依存度を低くする

現代生活はあらゆるものに依存している。わかりやすく言うと、あらゆるものに支えられているのだ。しかし、そのあらゆるものが一瞬でなくなってしまったらどうなるのだろうか。インターネットが不通、公共機関がストップなど。もっとも、車が一番の「岡山人」はガソリンが最重要なのでガソリンさえあれば大丈夫だろう。
さて、依存度を低くする理由は簡単だ。何か起きた時、右往左往しなくて済むように、どうしてよいかわからず思考停止にならないように。
例えば、
1、3日間食べない—食糧危機に備える
2,3日間通信機器を使わない—停電、インターネット遮断に備える
3,歩く—車、公共機関が使えなくなった時に備える
1週間スマホでなしで生活できる人はいるだろうか。。。今はどこに行っても圏内、旅行に行っても必死に自分の居場所、何を食べたか、何を買ったかを世界中に通知。圏外になったらパニックになるかもしれない。