八方美人

八方美人、誰とでも仲良くできる性格は本当に良いのか



特定の人としか付き合えないのは欠点なのか



特定の人としか付き合わない方が楽ではないか?



人間は巷に溢れる製品のように大量生産されたものではない


つまり、人間とは大量生産品のように誰にでも使えるものではない



ある意味では人間とは欠陥品だらけ
その欠陥こそが個性ではないか




その個性を徹底的に壊し平均的かつ大量生産品のように育てるのが今の日本の教育システム



結果、使い捨てできるサラリーマンだらけ



従順な会社員になるためには八方美人は不可欠だが、つまり同じ人間はいない
一人として同じ性格はいない