ルール変更

世の中のルールはとっくに変わっているにもかかわらず、20年前と同じルールが通用すると考えているからうまくいかないのだ。例えば、いい学校に入学すれば安定したいい大企業で働ける、そして給料も右肩上がり、結婚して子供を作ってマイホームを30年の住宅ローン(大借金!)で買って老後は悠々自適。そんなおとぎ話はとっくの昔になくなっている。
または、資格を取って履歴書に書けばいい仕事が得られるというもの昔の話。銀行にお金を預けていれば利息がついて安心というのも昔の話。新聞やテレビが真実を正しく報道しているというのも昔の話。挙げたらきりがない。
問題なのは社会が大激変しているのに、それを教えてくれる人があまりいないということ。世の中の変化を敏感に感じ取っているのは誰だろうか。学校の先生?サラリーマン?政治家?あえていうなら、この難しい時代にあえてリスクを取って起業した人こそ変化を読み取っているのではないだろうか。起業しないと死ぬという人はそんなにいないはずだ。ノーリスクで生きている人よりリスクを犯して生きている人のほうが参考になる。